外壁補修工事

外壁が劣化するとクラックが入りそこから雨水の侵入が始まります。雨水はやがて鉄筋部にまで進水し建物の核となる鉄筋にダメージを与えます。壁の状態や防水層の劣化状態を診断して、高圧樹脂注入・クラック補修・吹き付け塗装などを行います。定期的な調査・診断により建物の劣化を防げます。